データ復旧料金


※一律10,000円キャンペーン中は媒体容量関係なく、データ復旧料金10,000円で実施いたします。(RAID製品(RAID1のみ対象媒体Aの扱い) / SCSI製品 / NAS製品(ネットワーク型HDD)につきましては下記料金表をご参照ください)


基本的なデータ復旧料金の計算式です。

データ復旧料金 = 対象媒体 A or B + 保存先媒体費用

  • 対象媒体A:
  • Windows・Mac全般 / ハードディスク(HDD) / 外付けHDD / SSD / USBメモリ / SDカード / MicroSDカード / xDピクチャーカード / メモリスティック / CFカード / CD / DVD / Blu-ray / MO / FD / RAID1(ミラーリング)

  • 対象媒体B:(上記対象媒体以外はすべてB扱いになります)
  • RAID製品(RAID1のみ対象媒体Aの扱い) / SCSI製品 / NAS製品(ネットワーク型HDD)

媒体容量対象媒体A対象媒体B
〜8GB5,700円10,000円
〜1TB10,000円15,000円
〜2TB12,000円15,000円
〜3TB15,000円20,000円
4TB18,000円23,000円
5TB21,000円26,000円
6TB24,000円29,000円

対象媒体Aにつきまして
多くの媒体が属すグループです。すべての保存媒体は単体扱いとさせていただきますので、例えば、パソコンの中にHDDが2台搭載されている場合はHDD2台分の料金となりますが、仮に片方のHDDにシステム専用、もう片方にはデータ保存用と使い分けをされている場合は、データ保存用のみの復旧も可能ですので、その場合は1台分の料金で済みます。その他条件は下記の通りです。

  • IDE・ATA・SATA仕様のHDDが対象となります。
  • RAID1(ミラーリング)は対象媒体Aとして扱います。
  • Seagate製HDDのロック解除は、弊社では物理障害として扱いません。
  • ネットワーク型HDDは対象媒体Bの扱いとなります

対象媒体Bにつきまして
RAID製品、SCSI製品、NAS製品などのサーバーや、ファイルサーバー等、対象媒体A以外の媒体が対象となります。また、ネットワーク型のHDDは単体でもグループB扱いにさせていただきますので予めご了承願います。媒体料金につきましては、搭載媒体数すべてが対象となります。例えば、RAID製品でHDDが4台搭載されている製品は、媒体料金×4台分でのご請求となりますので、予めご了承願います。

物理障害対応につきまして
診断の段階で弊社対応可能な物理障害と判明した場合は、対象媒体料金に+15,000円が必要になります。詳しくはこちらをご覧ください。
※Seagate製HDDのロック解除は、弊社では物理障害として扱いません。

分解手数料につきまして
多くの媒体は分解手数料無料で対応いたしますが、下記対象媒体は分解手数料としまして+1,000円掛かりますので、予めご了承ください。

  • iMac等のモニタ一体型パソコン
  • 保存媒体取り出しに複雑な工程が必要な媒体(Macmini等)

保存先媒体の費用につきまして
保存先媒体をお客様の方でご用意される場合は保存先媒体の費用は掛かりません。保存先媒体は原則新品か、データが保存されていない空の状態が必要です。
※弊社で保存先媒体を代理購入でご用意する場合は、媒体費用+手数料300円を要します。

お預かり時に保存先媒体が空の状態ではない場合は、※全データの一時退避を行いますので、下記データ一時退避料金が発生致します。予めご了承ください。

データ一時退避料金:1GBあたり10円 (1GB以下は繰り上げます)
(例)

  • 4.3GB=50円
  • 64GB=640円
  • 100GB=1,000円
  • 1TB(1024GB)=10,240円

※ ブルーシップ工房では退避データの仕分け作業を一切行いません。要、不要問わず全データを退避させる必要があります。
※ 退避データの保存期間はお客様へのご返却時までとします。ご返却時に退避データを総て消去いたします。